スマートフォンとSNSの融合

スマートフォンが1人1台の時代になり、インターネットでいつでもどこでも誰にでもつながることができるようになったのと同時にSNSも人々の生活に浸透しています。必然的にスマートフォンとSNSをうまく融合させたネット副業が盛んになる事は言うまでもありません具体的にその実例をいくつか挙げていきたいと思います。

まずはなんといってもSNSが利用者を囲い込むために様々なポイントサービスなどを展開している店です。SNSの利用やアンケート、蛮勇とはSNS固有のショッピングサービスを利用することによって、ユーザがポイントを得ることができます。

そしてそのポイントをSNSの中だけではなく電子マネーや現金に変換することができるのでさらにユーザはそのSNSから離れることができなくなっていくのです。SNSの運営サイドとしてももちろんメリットですし、利用者にとってもこのような形で副業を営むことができれば間違いなくプラスに働く事は言うまでもありません。

そして、ユーザとSNSの事業者だけではなくそこに第三者が加わって副業がさらに展開しているパターンもあります。
例えばアルバイトの求人情報、または一時的な雇用を必要とする場合の情報です。SNSを介して様々な緊急時に必要な雇用の募集を行うことによって、ユーザが即時に答えることによって雇用を確保することができる仕組みが非常に有望になっています。

特にユーザからすると様々な働き方が増え、コロナウィルスの影響で収入が減っている今、このような仕組みを使って収入を補填することができれば非常に利便性が高いと考えられます。もちろんのことながら、短時間、フレキシブル、利用に際しては無料といった安保のような仕組みが広がっているんではないかと思います。

企業側からとってもできるだけ安い賃金で人材を、フレキシブルに確保した方が正社員を囲い込むよりも安くつくので間違いなくメリットがあると言えるのです。このように市場でwinの関係にある以上このような働き方をSNSとスマートフォンを活用して広げていく事は間違いなく広がっていくと考えられます。

実際に、SNSの事業者からすると新たな働き方を提案することによって新規の加入者を囲い込むことにもつながり、収入源としても雇用を確保したい事業者から手数料もらえることもあって促進して行く方向にあります。

まだまだこのような流れは続くと考えて間違いないでしょう。