特商法が改正された要因

どのような消費者トラブルが多発していたのか?

消費者トラブルは様々なものがありますが、利用者の意思に反した内容が問題になりました。定期購入サービスは一括して料金を支払うことで1回あたりの費用を安くできますが、最初に格安または無料のサンプルを送って手にすると自動的に結ばれるようにするなど罠があります。

このような方法は実際にサンプルを使っても期待するほどの効果がなく、お金を取られるだけのパターンが多いです。

このため、了承していないのにいつの間にか自宅に商品が届いて代金を支払うように請求するケースが多発し、お金がないのに高額の費用を請求されるため困っても断れないケースが増えています。

このような方法は勧誘でも行われ、勝手に商品を買わされたのに効果がないという詐欺が多発していました。

改正商取引法とはどのような内容なのか

改正商取引法は無料または格安のサンプルを購入した場合に定期購入サービスの契約を結ばされる手口であれば取り消せるようになり、販売側には最終的な商品金額を明記することを義務付けました。

このため、試供品を受け取って合わなければ定期購入サービスを申し込む必要がなく、高額の費用を請求されるなどのリスクがなくなって安心です。
通販サイトや訪問販売は商品を安く買わせて高額の定期購入サービスに誘導することができなくなり、虚偽の情報や誇大広告で勧誘することができなくなりました。

このため、商品を継続して売るためにはより多くの利用者に信頼されるようにすることが求められ、定期購入サービスに関してはきちんと金額を明記して了承を得ることが必要です。

定期購入サービスを利用するときは安心して続けられるか確かめよう

定期購入サービスは1回あたりの料金を安くするとアピールしていますが、それ相応の価値がないこともあります。
このため、事前に利用者の口コミや評判を確かめ、安心して利用できると判断してから申し込むことが大事です。

また、支払う金額が事前に表記されているため選びやすく、割高だと感じたら1回でも安く利用できる方法を探せば安心できます。
定期購入サービスは初回のみ割安の価格で利用できることをアピールしていますが、トータルの金額を確かめて判断することが重要です。

サービスの内容は業者によって異なりますが、解約をするときは条件や期間、手続きの方法をきちんと確かめる必要があります。また、回数が多くなれば一括して請求されるため、安心して利用できる商品であるか確かめないと損をするため注意が必要です。